ページ内を移動するためのリンクです。

更なる成果アップのための改善・推進支援

企業にとってオウンド(自社)メディアのパフォーマンスを向上させることが、最もROIの高い経営施策であることは間違いありません。

この10数年間、企業のWeb担当部門の人手・予算不足、ブレーンの不在、経営との意識乖離、曖昧な目標設定、憶測による感覚的な運営、作業で謀殺…など、様々なお悩みに直面してきました。

私たちは、成果向上の為には、端的なオウンドメディアのリニューアルではなく、ボトルネックを取り除きながら、お客様と二人三脚でプロジェクトをドライブする「グロースハック型」Webコンサルティングのサービスが必要である、という結論に至りました。

クリエイティブホープの経験豊富なWebコンサルタントによる成果コミット型Webコンサルティングで、御社のオウンドメディアの成果向上を確実に実現します。


CRHのWebコンサルティング・ワークフロー

オウンドメディアの運営には必ず成果向上を妨げる「ボトルネック」が存在します。
クリエイティブホープのWebコンサルタントは確実にそれを発見し速やかに改善します。また、現状の改善だけでなく、新しい有効な打ち手の計画・実行も行い、プロジェクトが継続的に成果を生み出せる状態をお客様と共に作り上げます。

STEP1 すぐ改善して効果測定 ランディングページ改善/広告改善/コンバージョンポイント改善/ライティング改善 → 「短期的なボトルネックの改善による成果向上」。STEP2 要件を固めて改善 コンテンツマーケティング/構造改善、導線改善/キャンペーン実施/マルチデバイス対応 → 「構造的改善による成果向上」成果を継続できる運営体制の実現。STEP3 投資対効果を見極め追加 オムニチャネル戦略/O2O施策/Newマーケット開拓/新規事業立ち上げ/CRM活性化 → 「新しい収益源をプラスすることによる成果向上」新しい収益源。STEP1~2、約2~3ヵ月。STEP3、STEP2移行の期間は案件により異なります。
STEP1 現状調査:ボトルネックの発見、短期的改善方針策定→実行→効果測定、中長期的改善方針策定 約2~3ヵ月

成長を妨げている「ボトルネック」が必ずあります

パフォーマンスが出し切れていないオウンドメディアには、必ずこの4つの因子のどこかに大きな課題を抱えています。また、複数の課題が連鎖して絡み合っている場合もあります。
経験豊富なCRHのWebコンサルタントが確実にボトルネックを探し当て、適切な手順での改善をお手伝いします。

オウンドメディア成果向上の為の「4つの因子」 ①「戦略・方針」経営計画に沿った指針、②「集客」有効な流入、③「Webサイト・アプリケーション」成約率の追及、④「計測・運用」成果を継続させる。→オウンドメディアの成果向上

担当者向けオウンドメディアの「ボトルネック」チェックリスト

戦略・方針
中長期指針、方向性が明確であること

  • 中期経営計画に沿った基本方針がある
  • ターゲットごとの対応方針が明確
  • ユーザタッチポイントが整理されている
  • 適切なKPIが設計・設定されている

集客
有効な集客が最大化・最適化できていること

  • SEO,SEMで十分な成果を出せている
  • ターゲットセグメント広告ができている
  • エリアマーケティングができている
  • ソーシャルメディアを活用できている

Webサイト・アプリケーション
高い「率」で顧客化できていること

  • ターゲットを振り分ける機能・構造がある
  • コンテンツマーケティングが実施できている
  • コンバージョン率に満足している
  • マルチデバイスに対応できている

計測・運用
成果を継続的に保つ体制を有していること

  • 十分な効果測定ができている
  • 運用フローの効率化が十分にできている
  • 運用コストの最適化が十分にできている
  • ナレッジの蓄積と共有ができている

5つ以上の未チェックがある場合は
「ボトルネック」が存在する可能性十分にあります!