ページ内を移動するためのリンクです。

クリエイティブホープ、BtoC企業向けiBeaconsソリューションを提供開始

■お知らせ■
各位
2013年12月2日
株式会社クリエイティブホープ

クリエイティブホープ、BtoC企業向け
iBeaconsソリューションを提供開始

iBeaconsによる位置情報を利用した
O2O新規パッケージを12月1日より展開


株式会社クリエイティブホープ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 茅野智路)は、スマートフォンを活用しネットとリアル店舗をつなぐ企業向けモバイルサービス「iBeaconsソリューション」2013年12月1日より提供開始いたしましたので、お知らせいたします。

「iBeaconsソリューション」は、Bluetooth通信を使った受発信技術「iBeacons」を利用したモバイルサービスです。カフェ、スーパーマーケット、ホテルなど、リアル店舗や施設を展開している企業に対し、業種に応じたO2O(Online to Offline)ソリューションを提供します。業種に応じてシステムを共通化することによって、投資コストを下げ、BtoC企業のO2O施策導入の動きをバックアップします。

iBeaconsを利用した公共交通への応用イメージ(駅到着案内アプリ)


SampleApp.png

取材に関するお問合せ先】
株式会社クリエイティブホープ
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-22-45 KDX西新宿ビル4F
TEL 03-5925-2981  FAX 03-5925-2983
URL: http://www.creativehope.co.jp E-mail: press@creativehope.co.jp
担当:広報室 鈴木

■補足資料■
■本サービスの背景及びiBeaconsテクノロジーについて
iBeaconsとはBLE (Bluetooth Low Energy)と呼ばれる低消費電力のBluetooth通信を使った受発信の仕組みで、店舗側もiOS端末を利用することで、近くのお客様に情報を送ることや、お客様の位置を特定する機能を実現することが可能となります。NFCやGPSと異なり、iBeaconsではおよそ10メートルから最大50メートル程度での非接触型の通信を行うことが可能です。既に複数の企業がこの技術を使った製品の開発に乗り出しています。例えば、アメリカの大手百貨店チェーンMacy'sなどで、iBeaconsを使った施策を行うことが発表されています。

20131201_iBeaconModel.pngiBeaconsの仕組み
店舗など特定の地点で、お客様の端末に情報を送ることで、O2O施策を実現

スマートフォンの爆発的な普及が進む中、スターバックスや、デジタル決済大手のPayPalやSquareなどは、従来の実店舗での現金やカードによる支払いに加え、スマートフォンアプリや会員ページを使った決済も強化し、モバイルファーストを加速させています。

2017年度には国内で50兆円規模に上るとみられるO2O市場において、ユーザーにとって使いやすく、BtoC企業にとっては、ロイヤルカスタマーの来店促進やCRMと連結することによる顧客分析・効果測定の高度化が行えるサービス展開が必要になります。
弊社では引き続きO2Oに関連したサービスを立ち上げ、BtoC企業の皆様のO2O施策を支援してまいります。

■駅到着案内サンプル・アプリケーションについて
iBeaconソリューションを立ち上げるにあたり、導入イメージとして駅到着案内アプリ「オリレール」と題してサンプルのデモンストレーション環境をご用意しています。
iBeaconを活用したO2O施策をお考えの企業の皆様にデモンストレーションの実施も可能です。ご希望される場合は、弊社O2Oコマース推進グループまでお問い合わせください。

orirail.jpg
00_オリレール_設定.png
01_オリレール_移動中.png
iBeaconsを利用したプロトタイプ「オリレール」(駅到着案内アプリ)

■本ソリューションに関するお問い合わせ、導入のご相談は下記まで
株式会社クリエイティブホープ
O2Oコマース推進グループ(担当:藤井、倉知、高松)
TEL: 03-5925-2981
E-mail: info@creativehope.co.jp
弊社O2Oソリューションサイト

■クリエイティブホープについて
日々刻々と移ろう世界に常に新しい視点でチャレンジしつづけること。
それが驚きと共感を生みきっとみんなを夢中にする。
私たちは、お客様と二人三脚で「Webを活かした経営」を実現する
Webコンサルティングカンパニーです。
http://www.creativehope.co.jp


年別アーカイブ